プログラミングの初心者向け独学基礎入門学習サイト

~programming website~

プログラミング初心者用語講座② 変数って何?基礎的な使い方をマスターしよう!

約 1 分
プログラミング初心者用語講座② 変数って何?基礎的な使い方をマスターしよう!

プログラミング初心者用語講座② 変数って何?基礎的な使い方をマスターしよう!

変数って何?基礎的な使い方をマスター!

変数って言われてもなんのこっちゃ馴染みのない言葉ですよね( ̄Д ̄;;
プログラミングではこのような馴染みのない言葉、それも同じような漢字の用語がたくさんでてきます!
その中でも変数は基礎中の基礎なので初心者の方は用語の意味や使い方をしっかりと学んでいかなければなりません。

中途半端に流して進むと、、、、。
なんと挫折につながるほどプログラミングが嫌いになります(´_`。)

逆に言えば大体でも意味がパッとでてくるようになればかなりプログラミングをしていくのが楽になります♪
なんだったら楽しい!もっと覚えたい!なんていうへんた・・・・、強者さんもいるのではないかと思います!
ここでは変数について触れていきたいと思います(o ̄∀ ̄)ノ

変数とはつまり何?

結論から言います。変数とは箱です!!!( ̄^ ̄)
もう色々考えると辛くなるので変数は箱、変数は箱と覚えちゃったほうが楽です(笑)

なぜ変数という箱があるのかというと、たくさんのコードを書いていくとどんどん文字が多くなり訳が分からなくなります。
引越しのときに箱につめて一気に移動したり、あるものを出しやすくするのと同じでプログラミングも何かと使いやすいほうが良いですよね?

そこで変数という箱を用意することでわかりやすくいろんなものが使いやすくなる、そしてとってもコンパクトにきれいになっていくという訳です♪
なぜ変数という難しめな言葉になったのかはさておいて(*’-‘*)エヘヘ
変数の使い方を学んでいきましょう!

変数の使い方

まずは簡単なルールを知っていきますよ♪

変数名 = 値(難しめな表現)
箱 = 入れるもの(僕の大好きな表現♡)

日本語で言うとこんな感じです!これをコードにすると・・・

box = “りんご”

age = 20

こんな感じです。
=ですが、プログラミングでは=は等しいという意味ではないんです!
簡単に言えば=の右にあるものを=の左にある箱にいれてね♪
って感じです(*´∇`*)

このことを専門的に言うと、代入といいます。
ちなみに=は代入演算子と呼びます!なんのこっちゃわからなくなりそうな人はさらっと頭の片隅にでも置いておきましょう♪

さきほど箱に入れたものを出したいときはprintを使います。
print(box)
実行:りんご

print(age)
実行:20

いかがでしょうか!さきほど入れたものを出すことができましたね(*゚▽゚)ノ

あと、そのうちでいいのですが箱の名前をつけるときに簡単なルールと良い例があるので参考に知っておきましょう。

ダメダメな例

725box⇒数字で開始してはダメというルールがあるのでダメ!

ダメじゃないけど微妙だよねっていう例

hako⇒ローマ字ってわかりづらいから微妙
箱⇒日本語だとコードがアルファベットなのでわかりづらくなるから微妙

うんうん、やっぱりこれだよねっていう良い例

box⇒英単語で名前をつける!
apple_box⇒2語以上で名前をつける場合はアンダーバーを間に入れる!(アンダーバーを入れないと繋がっててわかりづらい)

つまり、英語で何の箱なのか書いておけば使いやすいしいいよね♪ってな感じですヽ(^◇^*)/

さて、ここまで覚えれば変数とは何か、使い方についてはかなり良い感じにマスターできたのではないでしょうか!

せっかくなので、変数はこんなことができるよーっていうところも知っておきましょう♪

変数の中身は更新することができる

なんと、変数は一度入れたものを上書きすることができるんです!
一度入れたものは変えれないなんて不便ですよね┐(´-`)┌
引越しのときだって、一回リンゴを入れてみたけどオレンジを入れなおすことだってあるし、5個入れてたけど10個に入れなおすときだってあります。

ためしに、変数を更新してみましょう!

box = “りんご”
print(box)
box = “みかん”
print(box)

実行:りんご
みかん←上書きされてみかんになってる

age = 20
print(age)
age = age+5
print(age)

実行:20
25←上書きされてもとから入れてた20に5が足されてる

こんなふうに簡単に更新することができるのでとっても便利なんですね♪
ちなみに更新する際にこんな省略した書き方でもOKなんです。

age = age+5 → age += 5
age = age-5 → age -= 5
age = age*5 → age *= 5
age = age/5 → age /= 5
age = age%5 → age %= 5

左が基本の形で右が省略した書き方です。慣れてきたら省略して書いたほうが楽ですね!基本の形で最初は書いておくほうがわかりやすいです♪

これで変数は完璧!変数という箱にいろんなものを入れて好きなときに取り出して使っていきましょう!!!(*´∇`*)



プログラミング初心者向け動画!【エコーズラインプログラミング】

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

相談などはこちら

相談などはこちら

オリジナルで曲やPVを作ってみたいという方、お気軽にご相談下さい♪ グッズはなんと1つから受注生産可能です!(たとえば、試しに自分の写真を素材としたスマホケースを1つだけ作るなど)

Recommended

More